(101)・・・ブラクジラ・・・

 昔、理科の選択科目では、物理、化学が苦手だったので、地学と生物を選んだ。医学部入試においては、生物はあまり含まれず、物理、化学がほとんどだったので困ったが、たまたま神戸大学だけは、生物も選択可だった。

 ブラタモリを見ることがあって、自分の地学を少し思い出している。50年以上も前の事なので、タモリには勝てない。しかし、街を走っていると、店や看板よりも、地形が気になって仕方がない。

 松山は、重信川と石手川の「三角州」に、小さな「扇状地」が合わさって出来た街で、道後(松山)平野という。「平野」と言っても、愛媛は「山地」「盆地」が多く、他に、道前平野、新居浜平野があるくらい。

 何もないはずの平野の真ん中に、ぽつんと城山(132m)がある。本当は、(今でも)勝山という山名であり、街も、関ヶ原以前は、勝山と呼ばれていた。勝山は、元々二つ並んでいて、その間を埋めて一つの山にしたものであり、その事業をやった足立重信の名前が、重信川の名に残っている。真ん中の埋めた跡に、深い深い井戸があり、今も残っている。

 北と西に瀬戸内海があって、東に高縄山系、南に四国山脈がある。この二つの「山脈」によって、台風が来ても、風が吹かない。瀬戸内海の「沿岸流」は、「砂浜」を作り、風早海岸、和気浜、新川、五色浜が並び、遠くは双海海岸(日本の夕陽百選)に続いている。

 ついでながら、「砂浜」が丘になったら、「砂丘」(鳥取砂丘etc)、海に突き出たら「砂嘴さし」(野付半島etc)、それが、陸に届いたら、砂州(天橋立)。二本で囲んだものは、八郎潟。砂州に囲まれた湖は、「潟湖」(浜名湖や中海)。沖合の島に届いたら、「陸繋砂州」(江の島、函館、潮岬、志賀島etc)である。
 潟湖は、もともと塩水だが、塩水淡水半々になると「汽水湖」と言われ、サロマ湖や宍道湖が有名である。

 松山から脱線しとるぞなもし。
市内には、溜め池が多いが、それは雨が少ない為である。お隣の香川が、大きな溜め池(満濃池まんのういけなど)で有名である。しかし、その溜め池も徐々に埋め立てられ、宅地化していて、「湖沼」というものが無い地域である。

 平野なのに、勝山以外に山がある。伊予松山三山といって、星岡山、東山、天山で、どれも50mくらいの小山である。天山に至っては、宅地化で消えてしまいそうだ。
それにしても、平野の真ん中に、なんで、こういう山があるのか?それは、古墳の跡であり、弥生時代以降の墳墓に木が生い茂って、山になった。東山古墳、星が丘古墳などは、公園になっている。

 大和三山は、天香具山あめのかぐやま畝傍山うねびやま耳成山みみなしやまの事だが、それらはきちんと三角形になっていて、これこそ、大きな古墳跡らしい。空から落ちて来た山の半分が、天香具山になり、半分が天山になったそうだ。
(「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」…持統天皇)

 東山があるのだから…そうそう、北山も西山もある。その間に、衣山きぬやま久万ノ台くまのだいがある。いずれも、古墳の跡であり、衣山に住んでいた時は、家を建てるごとに、発掘が行われていた。

 北山の東隣に、同じ名前の東山がもう一つあって、北山、東山ともに、三津地方の町名に残っている。では、西山は…?はい、松山総合公園(大峰が台;126m)があるが、我々年寄りは、西山としか呼ばない。そのてっぺんに、姉妹都市フライブルグ(ドイツ)を模して、けったいな展望台があるが、未だに街には馴染んでいない。

 この西山も、遺跡の発掘が進み、墳墓の跡が判明している。余談だが、城山と西山を結ぶ東西一直線上に、味酒心療内科がある。

 このように、道後平野の小さな山々は、古墳の跡ばかりであって、自然の山ではないらしい。なので、調査が出来ていないが、勝山(お城山)も古墳跡ではないかと、一人考えている。

 最後に、タモリが大好きな「断層」であるが、中央構造線が愛媛を横切っていて、砥部とべには衝上つきあげ断層がむき出しになっている。その名の通り、二つのプレートが衝き上げて重なった場所である。

 そんな場所だから、非常に大きな圧により、きめ細かな土から砥石(伊予砥)が生まれ、古代から鉄器文化を支え、奈良時代の菩薩像なども伊予砥で作られた。そんな伊予砥のきめ細やかな屑から、白い磁器が出来た(→砥部焼)。

 おバカなことに、この中央構造線の上に、伊方原発が建っている。慶長地震では、15mの津波が起こっており(四国電力の想定は、14m以下)、今後の直下型地震では、マグニチユード9.0が予想されている。当時の白石春樹知事は、やくざが知事になったような男だったが、金でも握らされたのだろう…未来に対する大犯罪を犯したことになる。

(出典:イラストAC

スポンサーリンク