(84)・・・徒手空拳・・・

最初にも書いたけど、なんでこんな老いぼれが引退できんのか?

誤字脱字、薬の㎎数の間違いなど、朝から晩まで、スタッフに怒られる。ボケとちょんぼと注意障害が重なって、我ながら嘆かわしいのう。そんな老いぼれが、踏ん張っとるんは、子どもへの精神薬処方が許せんのじゃ。
それにしても、子どもの外来が増えとるわい。愛媛大子どもこころセンター、県立子ども療育センター、日赤小児科、松山市民病院小児科、松山記念病院思春期外来、堀江病院思春期外来…など。

はじめは、コンサータが圧倒的に多かった。ASD(自閉スペクトラム症)なのに、ADHD という診断名を無理矢理付け加えて、コンサータを飲ませる。最近は、インチュニブが増えとるわい。ストラテラで、痩せこけてしもた子どもにも、何人か会うたぞ。

コンサータを飲んで、怒りっぽくなったから、リスパダールを入れる。すると、鎮静が過ぎて意欲が落ちるので、エビリファイを加える。そこで、そわそわアカシジアが出て、アキネトン→気分変動が激しくなるので、デパケンを足す。これで、大量処方が一丁上がり~。

別の病院では、エビリファイから入って、あとは、上乗せ処方は右に同じ。

別の病院では、話を聞くだけで何もしない。ウェクスラー検査をやって、ボーダーラインですとか、あまり特性は出ていません、とか言って、何もしない。何もしないのが、まあありがたい。下手なことをされると困るけんの。

うつ状態じゃけん言うて、抗うつ剤だけはやめてくれぇ~。おとろしうて、おとろしうていかんがな。衝動性が亢進こうしんして、手首切ったら、パーソナリティ障害…?はあ…?お前が作った症状じゃろが。馬鹿もええ加減にせえや。

検査は出来ても、きちんと読めん。きちんと読めたと思うたら、精神薬処方、あ~あ。検査の数値にとらわれ過ぎてもいかんぞな。発達障害の無いもん居らんぞな。

別の病院では、昼夜逆転していると言うと、ハルシオンとか、サイレース(フルニトラゼパム)が出て来る。お~い、子どもにこんな眠剤を飲ませるんか?よいよいじゃが。お前の息子(娘)に、よう飲ますんか?
どこの病院にも、臨床心理士が居て、ウェクスラー検査が出来る。看板もある。田舎では、愛大(愛媛大)とか言うだけで、権威がある。上記外来は、窓口が違うだけで、愛大系には違いないから、やることは同んなじじゃ。

我がクリニックでは、検査が出来ず、外に依頼するしかない。僕には、何の肩書も資格も無いし、勝っているのは、歳と悪名のみ。徒手空拳としゅくうけんの斗いじゃけん、なかなか太刀打ちできんがな。よいよいじゃが。

いつか世間が目を覚まし、皆が漢方処方を覚えてくれたら、もう僕の出番は無いがのう。ほしたら、おとなしう引退するけん、その日を楽しみにしとるぞな。

(出典:イラストAC

スポンサーリンク