(120)・・・ことばのちから・・・

 松山は、チンチン電車(市内電車)の走る街である。
いよてつ(伊予鉄道)には、無数のバス路線に加え、郊外電車(高浜線、郡中線、横河原線)と市内電車がある。
元は、明治20年に、全国で2番目(1番は、今の東北本線)に出来たもので、三津浜港から松山市駅の間を、「坊ちゃん列車」が走っていた。

高浜線は、「学校線」とも呼ばれ、山西駅で新田高校、衣山駅で、聖稜高校、愛光、松山西高が降り、終着松山市駅では、済美、聖カタリナ、松山南高、松山工業が降りる。

郡中線は、伊予市と松前町の路線。横河原線は、「病院線」とも呼ばれ、愛媛大附属病院、国立四国がんセンター、国立愛媛病院、県立子ども療育センターの為の路線とも言えるだろう。

郊外電車と市内電車が、大手町の路上で交わっている。15年前に埼玉の少年(18歳)「松山に行きたいので、予約を取って下さい」「なんぼなんでも遠いわい。診断も付いとるけん、来んでもええぞな」「いや、ダイヤモンドクロスに行くついでに、寄りますから」「??」

どうやら、鉄道と路面電車の直交(ダイヤモンドクロッシング)は、全国でここだけしか無いんだとか。

チンチン電車は、城山の周りを、ゆっくり走る。その為、車道は狭くなっている。だから、全体がのろのろ走って、すこぶる安全な街になっている。電車の側面上部には、松山市「ことばのちから」大賞に選ばれた「ことば」が、一台ごとに書かれている。

*君の速さでけばいい。
*いろんな子 いっぱいおって かまん! かまん!
*なにも芽が出ない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ 
*ありゃまー! こりゃまー!! まっちゃまー(松山)!!!
*気にせられん だいじょうぶよ 

最初の市長賞から詞を取って、新井満あらいまんが歌にしたものが、「この街で」♪
*恋し、結婚し、母になったこの街で、おばあちゃんになりたい!

先日、その新井満が、75歳で亡くなった。芥川賞作家と言うより、作詞作曲家の印象が強い。代表曲は、西条出身の秋川雅史が歌った、あの唄である。僕は、昔から、墓に全く興味が無いので、この詞に心惹かれた。一方、墓で儲けている寺院や墓石業者からの苦情も多かったらしい。

『千の風になって』 作詞;不詳 訳詞&作曲;新井満

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています
秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

あの大きな空を 吹きわたっています

(出典:イラストAC

スポンサーリンク